備前焼ご紹介

 

備前焼

 

備前焼とは

備前焼は、現代を代表する焼き物として広く知られておりますが、その由来は古く、日本六古窯のひとつに数えられ、須恵器の流れを汲むものであり、千年有余の伝統を持っております。

備前焼は釉薬も使わず絵付もしませんが、
1200度以上の高温でじっくり焚き上げ、2週間以上も焼き続けます。

その焼成は土味と窯変による深い渋さが「侘・寂」の境地にもつながり、内外を問わず多くの人の心に受け入れられています。

※日本六古窯(常滑、瀬戸、越前、信楽、丹波、備前)

▲ページトップ